一戸建て住宅にかける火災保険について

一戸建て住宅を購入する際にはいくつかの諸費用が発生しますが、そのうちの一つに火災保険があります。
一戸建て住宅は何千万円という価格ですから、購入するときは銀行などで住宅ローンを組むことになるでしょう。


住宅ローンを組む条件として火災保険に加入しなければなりません。これはローンの返済期間中に火災が起きた場合の担保として加入するものです。

賃貸住宅でも一戸建て住宅でも、火災保険に加入しておけば万一のときに保険金が受け取れるので安心です。

そのため多くの方が加入している保険ですが、住宅ローンを組む際の火災保険は火災が起きた場合に保険金からローンの残金を返済するために加入します。
住宅ローンの契約時に加入する火災保険はローンの返済年数分となります。


30年ローンであれば保険期間も30年となるのです。


これだけ長期の保険ですから保険料はかなり高額になります。


諸費用の中でも多くの部分を占めることになるでしょう。しかし、火災保険の保険料は節約することができます。
一般的に火災保険の補償は火災だけでなく落雷や水濡れ、盗難、水災、雪災、破裂などがあり、多くのリスクに対応している商品が多くなっています。

そこで補償範囲を減らすことで保険料を安くするという節約方法があります。

火災保険のパンフレットを熟読し、必要性を感じない補償を外して諸費用の負担を減らしましょう。

また、一戸建て住宅の火災保険は建物にかける部分と家財にかける部分があります。家財にかける保険は任意となります。

一戸建てを建てることを決めると、どこの土地に建てるかということをまず考えなくてはなりません。自分たちの住みたい土地があったり、実家の近くがいいと考えている人や、土地を持っているという人はどこの土地を購入するかを検討しなくても済んでしまいますが、そうでない人は土地のリサーチからしなくてはならないのです。一戸建てを建てるということはその土地に住み続けるということでもありますので、治安がいいかどうか、交通アクセスはどうか、どういった年齢層の人が多く住んでいるのかなどをまずリサーチする必要があるのです。


一戸建てを建てる場合、多くの人が通勤に便利な土地を求める傾向にありますので、職場からほど近い駅などから調べていく人が多くなっています。駅が決まれば後はその都道府県や市区町村のホームページなどにアクセスしてみて、どういった取り組みを行っているのかなどを調べることをおすすめします。
実際に自分で歩いてみるのが一番その土地を肌で感じることができておすすめの方法なのです。徒歩圏内に病院、学校、スーパーがあるかどうか、交通量や人の多さなどもチェックしておくこともおすすめです。
他には買い物客はどういった年齢層が多いか見ておくことで、どういった人が多く住んでいるか調べることができます。


昼間だけではなく、夜にも歩いてみることをおすすめします。


夜歩いてみることによって、治安がいいかどうかを見極めることができますし、通勤している人の年齢層もチェックすることができます。

















関連リンク

一戸建てを財産として残すならリフォームは必須


高いお金を支払って一戸建てを購入する場合、財産としてしっかりと活用残したいところです。一戸建てと言うのは土地の価値から建物の価値までいろいろな内容があります。...

30坪一戸建ての間取りを考える


一戸建てを建てるなら、坪数のある広い空間を維持したいものですが、坪数の大きな住宅は費用が高くなることや、余裕のある広い土地を購入しなければなりませんので、土地の高い都会や市街地に近い場所など、人気のある地域では延べ床面積30坪台の一戸建て住宅が多く見られます。全国平均では40坪前後だとされていますが、郊外や田舎では大きな坪数の一戸建て住宅がたくさん存在するため、イメージよりも平均値が高くあらわれているとされています。...