30坪一戸建ての間取りを考える

一戸建てを建てるなら、坪数のある広い空間を維持したいものですが、坪数の大きな住宅は費用が高くなることや、余裕のある広い土地を購入しなければなりませんので、土地の高い都会や市街地に近い場所など、人気のある地域では延べ床面積30坪台の一戸建て住宅が多く見られます。

全国平均では40坪前後だとされていますが、郊外や田舎では大きな坪数の一戸建て住宅がたくさん存在するため、イメージよりも平均値が高くあらわれているとされています。しかし、近年においては家族の人数が減り、親子で同居をする家庭が徐々に少なくなってきていることから、全国平均の坪数も少しずつ減少してきています。
30坪でも工夫次第で、複数の部屋を作ることができます。2階建てで、3LDKの間取りのプランが用意されていることも多いです。
3LDKにすると、2階部分に3つの部屋、1階はLDKにするのが一般的です。1階部分に畳の部屋を作り、4LDKにすることもできますが、畳の部屋の広さは4.5帖が限界でしょう。


これ以上広くすると、LDKが狭くなり、食事やくつろぎたい時に窮屈な空間で過ごさなければならなくなります。
どちらの空間も広くしたいのであれば、お風呂を2階に移動させて、2階を2部屋にするという方法もあります。

子供が独立して使用しない部屋ができたなら、2階の部屋数を減らすなど、リフォームすることを今から考えておいてもよいでしょう。
リフォームを利用すれば、一戸建てでも柔軟に間取りの変更が可能となります。


一戸建て住宅を購入する場合は、契約時に諸費用がかかったり購入してから税金が発生します。

これから一戸建てを購入する計画を立てている方は、諸費用と住み始めてからの税金についても確認しておくといいでしょう。

購入する際には登記費用が発生しますが、新築一戸建ての場合は建物表示登記と建物保存登記を行います。
中古一戸建ての場合は所有権移転登記を行います。登記の際は登録免許税という税金を納めることになるのです。
これらの登記費用の他に司法書士に支払う報酬もあります。売買契約書には印紙を貼付しなければならず、印紙代も発生します。

収入印紙代は印紙税という国税になります。購入手続きが終わり実際に住み始めてからは、不動産取得税という税金の納付書が届きます。

この税金は都道府県が課税する税金で地方税の一つです。
不動産取得税は購入後に一度だけ支払うものです。

住み始めてからの維持費についてチェックしてみましょう。


固定資産税は毎年支払う税金です。その年の1月1日時点の所有者に対して課税されます。
中古一戸建てを購入する場合は、前の所有者が支払っていた固定資産税の税額を聞いておきましょう。直接聞くことはできませんから、仲介する不動産業者を通して聞いておきましょう。
固定資産税は土地と建物に対して課税されます。建物の方は経年劣化があるため少しずつ税額が減っていきます。


土地の方は逆に上がったり据え置きになるなど様々です。
新築住宅と中古住宅でも違ってきます。

















関連リンク

一戸建てを財産として残すならリフォームは必須


高いお金を支払って一戸建てを購入する場合、財産としてしっかりと活用残したいところです。一戸建てと言うのは土地の価値から建物の価値までいろいろな内容があります。...

30坪一戸建ての間取りを考える


一戸建てを建てるなら、坪数のある広い空間を維持したいものですが、坪数の大きな住宅は費用が高くなることや、余裕のある広い土地を購入しなければなりませんので、土地の高い都会や市街地に近い場所など、人気のある地域では延べ床面積30坪台の一戸建て住宅が多く見られます。全国平均では40坪前後だとされていますが、郊外や田舎では大きな坪数の一戸建て住宅がたくさん存在するため、イメージよりも平均値が高くあらわれているとされています。...